青森公立大学国際芸術センター青森

Aomori Contemporary Art Centre

八甲田山麓のダイナミックな自然と特徴的な建築が生み出す環境を活かし、アーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)、展覧会、教育普及を3つの柱として、現代芸術の多様なプログラムを発信するアートセンターです。青森市市制100周年記念事業として設立され、2001年に開館しました。現在は青森公立大学が運営しています。
招へい、公募、自主滞在問わず表現者の創造的活動の支援、優れた芸術の発信、活動が生み出すつながりによる国際的ネットワークの構築、市民や学生とアーティストの出会いや表現・学びの機会の提供などを通して、地域内外へと波及する文化芸術の創造・発信の中心(センター)であることを目指しています。また、春から秋にかけては敷地内の森の散策や、20数点を数える野外彫刻の鑑賞もお楽しみいただけます。
当センターの設計は安藤忠雄によるものです。周囲の自然環境を生かし起伏に富んだ地形を壊さないように配慮し、建物を森に埋没させる「見えない建築」をテーマとした建築は、谷沿いに橋が架かるようなイメージの直線型の創作棟と宿泊棟、さらにギャラリーや円形の屋外ステージを備えた馬蹄型の展示棟の3棟から構成されています。この独特の建築空間は、滞在するアーティストの新しい想像力をかきたて、また訪れる人にとって、刺激的な新しい芸術体験の場となるでしょう。

四季のアーケード

展示棟

ギャラリーA
石田尚志展「弧上の光」(2019年)
撮影:白井晴幸

ギャラリーB
アーティスト・イン・レジデンス2019/夏
三原総一郎《自然の監視、自然の生成》(2019年)
撮影:山本糾

小学校創作体験の様子

創作棟ワークショップスタジオ
野原万里絵協働制作(2020年)
住所

〒030-0134 青森市大字合子沢字山崎152-6

Google Map

TEL 017-764-5200

開館・閉館時間

開館時間:9:00-19:00
※展覧会:10:00-18:00

休館日
休館日:年末年始 (12月29日-1月3日)及び大学入学試験に関連する日程
Scenes