5館連携プロジェクトについて

青森県内にある5つの美術館、アートセンターが連携し、
青森のアートの魅力を国内外に発信するプロジェクト。
県民及び観光客による県内の周遊を通して文化、経済、教育など
幅広い分野での地域振興を目的としています。

このサイトは、今後、5館の展覧会スケジュールが一同に見える機能や、
5館周辺のアートスポット情報などを加え、
アートを軸に多様化する旅に対応したポータルサイトを目指します。

EXHIBITION

インター + プレイ展 第1期
2020年7月23日(木) ~ 2021年8月29日(日)
十和田市現代美術館
小沢剛展 オールリターン —百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる
2020年10月10日(土) ~ 2021年3月21日(日)
弘前れんが倉庫美術館
富野由悠季の世界
2021年3月6日(土)~5月9日(日)
青森県立美術館
りんご宇宙―Apple Cycle / Cosmic Seed
2021年4⽉10⽇(⼟)〜8⽉29⽇(⽇)
弘前れんが倉庫美術館

プロジェクトロゴについて

【5館が五感を刺激する】

青森を代表する5つの美術施設が、アートを通じて青森からその魅力を連携し発信する。情報の受け手は、アートから刺激を受けるだけでなく、5つの施設や立地する“場”そのものからも刺激を受け、さらに青森への興味は深まっていく・・・。そんな流れを想像し、プロジェクト名は“AOMORI GOKAN”と名付けられました。
プロジェクトロゴは、アラビア数字の“5”とSense(感覚)の“S”の両方をかたどるシルエットになっています。縦になっても横になってもかわることなく、“5 Senses(=GOKAN)”を表し、5館が五感を刺激しつづけることを示唆しています。
実際に青森に足を運び、その魅力に触れ、視て、聴いて、嗅いで、味わってみたくなるような、多くの方々を刺激するプロジェクトになることを楽しみにしています。

アートディレクター 野間真吾