建築

青森公立大学国際芸術センター青森

安藤忠雄

建築家プロフィール

安藤忠雄

1941年大阪府生まれ。独学で建築を学び、1969年安藤忠雄建築研究所設立。代表作に「光の教会」「ピューリッツァー美術館」「地中美術館」など。1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリアの星勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞など受賞多数。

建築概要

開館
2001年
設計
安藤忠雄建築研究所
主な施設
展示棟(ギャラリー、AVルーム、ラウンジ、野外ステージ)
創作棟(木工スタジオ、ワークショップスタジオ、銅版画スタジオ、AVスタジオ、写真スタジオ)
宿泊棟
敷地面積
262,500.00m²
建築面積
4,277.51m²
延床面積
4,015.06m²
階数
地上2階
最高高さ
7.2m
構造種別
鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造

□ 主な外部仕上げ

屋根
スチールパネル溶融亜鉛メッキリン酸処理
外壁
スチールパネル溶融亜鉛メッキリン酸処理 シンダーコンクリート金コテ仕上げ

□ 主な内部仕上げ

シンダーコンクリート金コテ押え伸縮目地切
LGS下地 PB 寒冷紗パテしごきの上 AEP